coffeeはやっぱブラックでしょ?

2013年12月17日 火曜日

バイオフィルムマネージメント3(歯周病治療のもうひとつの選択肢)

 バイオフィルムに関して、皆様に色々と情報を提供してきましたが、今回でひとまずこのテーマは、最終回とさせて頂こうと思います。虫歯、歯周病とは、感染症(細菌による人体への感染)であり近年、脳血管障害や糖尿病のリスク因子として益々注目されてきました。原因が細菌であることから、その除去が治療になるわけです。そして、当院ではその除去方法として歯ブラシ指導、EMS超音波スケーラーによる歯石やバイオフィルムの除去、そして今回ご紹介するEMS社のAIR-FLOWを使用してバイオフィルムをマネージメントしています。効果に関しては、またブログで症例のご報告をさせて頂きますが、非常に良好な結果を出しています。
 下の写真のEMS社 AIR-FLOW、以前は、クラッシックパウダーという黄色のボトルに入っている細かい粒子で歯肉より上の歯の着色やバイオフィルムを除去するために用いられていました。レモンの味がして、口の周りがちょっとヒリヒリします。今回、黄色のボトルの横にある、青色とピンク色のボトルがラインナップに加わり日本の薬事の承認がおりました。名前をそれぞれソフトパウダー、ぺリオパウダーというのですが、このパウダーはグリシンというアミノ酸が主成分ですので、少し甘みも加わってヒリヒリした感覚がありません。そして、このEMS社AIR-FLOW最大の武器は、歯肉下に潜むバイオフィルムを除去してくれるぺリオパウダー(ピンク色のボトル)です。
 EMS超音波スケーラーというのは、歯肉(歯ぐき)の下、3~4mm以上の歯周ポケットと呼ばれる部位のバイオフィルムを除去するとご説明しました。ちょっと話を戻しましょう。歯肉の下のバイオフィルムは、EMS超音波スケーラーでコントロールできるんですよね?そうです!EMS超音波スケーラーのチップ先端は、従来のチップ先端よりかなり細長く歯肉縁下(歯肉の下)10mm位のバイオフィルムを除去してくれます。治療のファーストチョイスでEMS超音波スケーラーを使用し細菌の減少により歯肉の炎症が消退し、仮に歯周ポケットが当初の半分の5mmになったとしましょう。5mmが2~1mmとなってくれれば歯周病が完治した状態です。しかし、歯の根の形態が原因してこの5mmの歯周ポケットがなかなか治らない。臨床でよくみかけるケースです。ドクターからは、歯周外科による再生療法、あるいは矯正による歯周ポケットの改善を提案されている。完治療法としてどちらも魅力的でいい診療だと思います。しかし手術は、嫌だし矯正のワイヤーも何となく気が引ける。
 そこで、もうひとつの選択肢が存在します。
歯の根の形態は、多くの場合どうにもし難い歯周病を維持してしまう環境因子です。(環境因子;プラークやバイオフィルムを停滞させ虫歯や歯周病を誘発させてしまう環境的因子。例えば、歯並びが悪い、歯の位置や形態が良くない、被せ物の不適合など)以前のブログでもご説明しましたが、バイオフィルムは、一度除去されても数時間のうちには、再形成されはじめブラッシングがよくなかったり、よくない環境因子が存在すれば、バイオフィルムは増殖し3カ月から6カ月でもとの細菌叢(バイオフィルム)を形成します。逆に言えば、3から6カ月おきに定期的にバイオフィルムをマネージメントできれば、虫歯・歯周病の進行を抑制することができるわけです。バイオフィルムの電子顕微鏡をお見せしましたが、その形成初期の様相はプラークや歯石とはやや異なりEMS超音波スケーラーほどのパワーを必要としないかもしれません。ですから、歯周病のメンテナンス治療に当院では、EMS AIR-FLOWのパウダーによるバイオフィルムの除去をお勧めしています。完治療法以外に虫歯や歯周病が悪くならないようにバイオフィルムをマネージメントしていくメンテナンス療法というのも選択肢の一つかと思います。
 歯周病の患者さん以外でも、歯の黄ばみやステインの除去でバイオフィルムのコントロールや本来の歯の白さを取り戻してください!!
 

 
 
 年内最後のブログとなりそうですが、皆さん今年1年どのようなお年でしたでしょうか?来年に向けてよいお年が迎えられますように、また皆様のご多幸をお祈りさせて頂きます。
 最後に、私事ではありますが、より多くの患者様の健康に貢献できますよう来年も努力していきたいと思っています。

投稿者 さくま歯科クリニック | 記事URL

2013年9月 6日 金曜日

バイオフィルムマネージメント2"虫歯と歯周病の予防"

  ブログ、楽しみに見て頂いてる皆さんには、更新が遅いかなって思っておられる方もいらっしゃることと思いますが、ごめんなさいね!伝えたいことは、いっぱいあるのですが、診療の合間に作るものですから、勘弁して下さいね!
今回は、バイオフィルムマネージメントの2回目です。バイオフィルムマネージメントとは、プラークをいかにコントロールしていくかということでしたね!ご家庭でのバイオフィルムマネージメントと言えば、歯ブラシです。前回は、歯ブラシの方法に関して見ていきました。
 
 今回は、当院でのバイオフィルムマネージメントはどのようにされているのか?もちろん、歯ブラシ指導の他にということです。歯周病の例をとってご説明しましょう ! 歯周病では、腫れた歯ぐき(痛みがあるなしに関係なく存在します)の部分に歯周ポケットと呼ばれる空間が存在します。このポケットが深くなればなるほど、どんなに歯ブラシを頑張っても歯周ポケット中のバイオフィルムに歯ブラシが到達することが難しくなることは、想像するのが難しくないと思います。一般的に、歯周ポケットの入り口から3mm位が歯ブラシによるバイオフィルムマネージメントが可能な距離と言われています。では、それ以上に進行した歯周ポケットにどのようにアプローチしたらいいでしょう?




 当院での歯周病治療の第2選択肢(もちろん、第1選択肢は歯ブラシですからね!)は、スイスEMS社の超音波スケーラーです。ヨーロッパの医療器機メーカーとして名を馳せている会社です。スイスと言えば、皆さん思い浮かべるのは、高級腕時計でしょうか?ROLEXやOMEGAなど有名なメーカーが目白押しです。スイスは、精密器機のお膝元なんです。

 この超音波スケーラーですが、色々な種類が出回っていますので、皆さんも歯科医院で歯石をとる時に、お口の中にお水を出しながらやってもらったことがあるかと思います。よく歯科衛生士さんがやってくれるやつです!人によっては、痛いと感じた患者さんもいらっしゃるかもしれませんね。
EMS社の超音波スケーラーですが、他の超音波スケーラーと比べて、いくつか特徴があります。

 
1.痛みがほとんどない(超音波スケーラーのチップ~写真右上の先が尖っているところ~が精密に作られている)

2.歯にやさしい(チップの先端の運動方向を計算し尽くしている)

3.歯石が良く取れる

 
などいいこと尽くめなので当院で採用しています!定期的に受ける、バイオフィルムマネージメントが苦痛であれば、なかなか通院できないですよね!一度、来院して試してみて下さいね!

 
荒川区 町屋の歯科医院
さくま歯科クリニック


 

投稿者 さくま歯科クリニック | 記事URL

2013年8月13日 火曜日

バイオフィルムマネージメント "虫歯と歯周病の予防"

 では、実際にバイオフィルムをどうやってマネージメント、コントロールしていったらいいのでしょうか?
 まず、皆さんが日常的にやっているバイオフィルムマネージメントと言えば、歯ブラシですよね!歯ブラシの毛先がきっちりとバイオフィルムにあたってくれれば、バイオフィルムは除去されます。
 実は私自身、歯ブラシ指導された記憶と言えば小学校の保健の授業だったような?記憶は、曖昧です。歯学部に入学して、歯ブラシの方法ってこんなにあるのって驚いたぐらいです。ちなみに、よく皆さんがやられている方法はスクラビング法が多い気がします。歯に歯ブラシを垂直にあてて細かく振動させる方法ですね。小さいお子さんなんかは、フォーンズ法でしょうか?やはり、歯ブラシを歯に垂直にあて円を描くように前歯から奥歯全体を磨いていきます。
 
方法論はともかく、来院して頂ければ皆さんに適した歯ブラシの方法をご指導しますが、いちばん大切なのは歯の周り全部を磨いてバイオフィルムを除去すること!もちろん、歯の裏側もですよ!
 で、賢い読者の方は、気付かれたかもしれませんが、歯と歯の間は、どうしたらいいんでしょう?そうです、フロスやら歯間ブラシでバイオフィルムマネージメントしていくことになります。毎日、フロスや歯間ブラシを使用する人は、先進国でも10%に満たないぐらいだそうです。ですから、歯医者さんには痛い時だけでなく、検診(メンテナンス)に行くという環境ができるといいですね!

荒川区町屋の歯科医院
さくま歯科クリニック

投稿者 さくま歯科クリニック | 記事URL

2013年8月 7日 水曜日

バイオフィルム3 "虫歯と歯周病の予防"

 ここ何回かバイオフィルムについて見てきました。どうでしょうか?少しイメージの方、湧いてきましたか?
 ところで、歯がなければ、虫歯も歯周病もありません。どうですか?不思議に思われますか?
 実は、バイオフィルムの成り立ちを考えるとよく理解できます。お口の中には、ムチンと呼ばれる唾液タンパク質が存在します。このムチンという物質は、歯の周りにバリアー状に膜を張り浮遊している細菌が定着する足掛かりになってしまいます。定着した細菌は、ものすごいスピードで増殖し始めバイオフィルムを形成します。一度、バイオフィルムが除去されたとしても3カ月から6カ月で元の細菌叢(細菌達の集まり)に戻ってしまうと言われています。
ここに、歯科医院からの定期検診、リコールの意味が隠されています歯科医院では、虫歯が進行していないか、歯ぐきに炎症がないかチェックするわけです。歯医者さんに行くと、先生が1とか2とか言ってアシスタントが数値を記録しています。

 虫歯、歯周病は、痛みという急性症状がなくても進行していきます。痛みが出るころには、病状もかなり進行して、虫歯ならう窩(穴)、歯周病なら歯周ポケットを形成し細菌たちに格好の住まいを提供してしまいます。痛みが出ないうちに、歯医者さんに行きましょうと言われる由縁ですね!

荒川区町屋の歯科医院
さくま歯科クリニック

 

投稿者 さくま歯科クリニック | 記事URL

2013年8月 5日 月曜日

バイオフィルム 2 "虫歯と歯周病の原因"

 前回は、バイオフィルムを具体的に見て頂きました。このバイオフィルム、非常に賢くて実は、細菌の生活場所として機能しているだけではなく、異種類の細菌間で情報交換できたりもできてしまうんです。
 例えば、抗生剤に対する耐性なんて言葉聞いたことあるかもしれませんね?細菌達も自分たちの生命を脅かすものに何とか抵抗しようとします。何回も、自分たちの存在を危うくする物質には、その機能が働かなように方策を考えるわけです。これが、耐性と呼ばれるもので、歯科領域よりも内科領域でよく耳にされると思います。歯科領域でも、歯ぐきが腫れると抗生剤のお薬を歯ぐきに注入しますが、これも繰り返せば、耐性によって効果がなくなってしまう心配があります。
 お薬を入れる対症療法(症状の寛解を求める)に依存するのではなく、原因が判っているのであれば、原因除去療法が必要ではないでしょうか?ブログを読んで下さっている皆様はもうお解かりですよね?そうです。バイオフィルムの除去。バイオフィルムマネージメントです。

荒川区 町屋の歯科医院
さくま歯科クリニック

投稿者 さくま歯科クリニック | 記事URL

2013年5月13日 月曜日

歯科2大疾患の原因って考えたことあります?

皆さん、こんにちわsign01お恥ずかしいですが、初ブログですcoldsweats01
ブログの意味も知りませんでしたが、ウェブ上での覚書という意味らしいですねsign01
ともあれ、皆さんの目にとまるわけですから、1人の歯医者さんとして、皆さんに有意義な情報を提供できましたら幸いと思っていますので、友人感覚で読んでもらえたらうれしいですhappy01
ブログ初のテーマは、歯科の2大疾患、虫歯・歯周病の原因というテーマにしましたsign01
'そんなの知ってるよ'と多くの皆さんが、感じて頂けると安心ですが、どうでしょうかsign02
成人の8割が歯周病と言われ、昔よりは減ったとはいえまだまだ虫歯の患者さんは、いらっしゃいます。
原因が分かれば、予防も可能ですですよねup
で、改めて質問したわけですが、答えは簡単なんですよ、そうです、バイオフィルムです。プラークとか、歯垢、歯石と言ったほうが、わかりやすいでしょうかsign02いずれにしても、細菌と有機物との複合体というとこです。このバイオフィルムが、歯の周りに定着しないようにすることが、最大の予防ですimpact
では、次回からバイオフィルムをもう少し詳しくみていくことと、どのように予防していったらいいものか、考えていくことにしましょうok
                                                       
 

 荒川区 町屋の歯科医院
                                                             
   さくま歯科クリニック

投稿者 さくま歯科クリニック | 記事URL

2011年4月11日 月曜日

パート・アルバイト募集(学生可)

歯科助手のパート・アルバイトを募集しています。
 
~東京都荒川区 町屋の歯科医院です。予防歯科をメインに診療しています。町屋大好きな方、大歓迎です。衛生士学校の学生さん、いい勉強になると思います!~
平日:夜18:00~診療終了まで
土曜日出勤可能な方大歓迎!(学生可)

詳しくはお問い合わせください

荒川区 町屋 歯科医院
03-3809-5877
(さくま歯科クリニック)

投稿者 さくま歯科クリニック | 記事URL

ロゴ
住所
東京都荒川区荒川6-41-4-2F
最寄り駅
町屋駅
TEL・FAX
03-3809-5877
診療時間
月・火・水・金 10:00~13:00/14:30~19:30 土 10:00~15:00
休診日
木曜、日曜、祝日